大阪いずみ市民生活協同組合が、MVNOサービス「コープのタブレット」を6月より提供開始を発表

大阪いずみ市民生活協同組合は月額1,680円(税抜き 以下同)でauのAndroid、8インチタブレット「Qua Tab PX」か10インチタブレット「Qua Tab PZ」が持てるMVNOサービス「コープのタブレット」を6月より提供開始すると発表しました。
コープのタブレットはシニアや初心者向けに、低価格でタブレットを持つことができるサービスです。タブレットの本体代金と7GB分の通信料金も合わせて月額1,680円でAndroidタブレットを持つことができます。
36ヵ月の継続利用で月額料金からタブレットの本体金額分が割り引かれるので、実質本体代金無料です。