MVNO支援に向け、さらなる接続料値下げを総務省が指導

総務省が、さらなるMVNO支援を進めています。携帯電話大手3社の、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクに2016年度分のパケット接続料の引き下げを“指導”し、MVNOの回線利用料負担の軽減を図ることで値下げを推進するよう動いています。

値下げ幅は、前年度比で、NTTドコモが14%減、KDDIが10.6%減、ソフトバンクが17.6%減になります。

総務省は今までも接続料を値下げさせるように、算出方法の見直しや回線接続の義務化など携帯各社に指導を進め、格安スマホ販売が拡大することでスマホ市場全体の料金の値下げを進めてきました。

とあるMVNOのトップは「接続料の値下げは歓迎したいが、利益は出ていない状態なので、簡単に値下げ原資に回せないのが本音だ。黒字化を急ぎたいが、ユーザー獲得も急がないと勝ち残れないし、とても成長市場とはいえない」というコメントを発表していたので、すぐに利用料値下げに繋がるかは解りませんが、継続して総務省が値下げを指導すれば、利用料値下げに繋がると思われるので期待したいです。