中古端末は安くてお得!メリット・デメリットも紹介

中古端末オススメの理由

オススメする理由は新品で端末を購入するより安いという点です。

中古端末は3万~4万円くらいの価格がよく売れるそうです。ですが最近1万円以下で買える3年ほど前の端末に人気があり、安いだけでなく意外にスペックも新しい商品に見劣りしないものが多いので端末の購入を考えておられる方は検討してみてはいかがでしょうか?

中古端末でよく聞く白ロム端末とは

白ロム端末とは、スマートフォンのSIMカードを抜いた状態のことをいいます。

スマートフォンにSIMカードを差し込むと端末内部のROMに情報が書き込まれます。白ロム端末はSIMカードを抜いた状態で、端末に情報が入っていないので真っ白な状態といわれ、そこから白ロム端末と呼ばれています。

白ロム端末のメリット

白ロム端末は基本的には中古になりますが、中には新品未使用品などもあり、しかも価格が安いものなら新品で購入する価格の半額になるものもありお得です。

何故、新品未使用品が出回るのかというと、キャリアのキャンペーンなどで端末を一括0円で購入しそれを売ってしまう人がいるからです。

キャンペーンで多く出回ったスマートフォンほど安く手に入れることが出来るでしょう。

白ロム端末のデメリット

白ロム端末の中には「赤ロム」という状態になっているものがあります。「赤ロム」というのはキャリア側が端末に通信利用のロックをかけ利用出来ない状況になった端末をいいます。

何故このようなことがおこるのかというと、例えば前の持ち主が端末の代金を払い終えておらずその端末を売ってしまい、後日キャリアから端末に対して通信利用のロックがかかり利用出来ない状態のものが出回っていることがあり、白ロムの中古端末を購入される場合は注意が必要です。特にオークションで購入される際は、ご注意下さい。

白ロム端末とSIMフリー端末の違い

白ロム端末は基本的には利用していたキャリアの回線を利用することしか出来ません。例えばドコモで利用していた白ロム端末なら、ドコモもしくはドコモ回線を利用して運営している業者でしか利用することが出来ないため、現状ドコモ回線を利用している業者が多いので特に契約先を決めていない方はドコモの白ロム端末がオススメです。

SIMフリー端末は白ロム端末とは違い回線を選ばず利用出来るため、白ロム端末より利用しやすいのですが、白ロムより価格の設定が高いです。利用しやすさだけでいうと圧倒的にSIMフリー端末がオススメです。

おわりに

新品にこだわりが無く、多少傷などがあっても気にならない方は価格面から中古端末の購入をオススメします。ですが「赤ロム」の状態になっているスマートフォンを手にする危険があるので購入の際は、しっかり保障があり信用出来るショップで購入しましょう。