総務省がSIMロック解除までの期間を縮める新ガイドラインを発表

総務省がSIMロックフリー化を進める昨今。総務省はあらたに「SIMロック解除までの期間の短縮」などを追加した新ガイドラインを発表しました。

・割賦払い購入時には100日程度以下でのSIMロック解除(2017年8月1日~)
・一括払い購入時には当該支払を確認できるまでの期間(2017年12月1日~)

これまでは、SIMロック解除が出来るまで約半年の期間が必要でしたが、総務省は、その期間の短縮を指示しています。

また、指針では解約時の原則SIMロックの解除(2017年5月1日~)やMVNO向けのSIMロックの廃止(2017年8月1日以降発売の端末)も記されています。それによって携帯電話の乗り換えがスムーズになり、新たに端末を購入することなく費用の負担も抑えられそうです。

新ガイドラインでは、通信契約のキャッシュバックや端末の下取り価格などの購入補助に関しても適正化を求めており、今後「実質0円端末」は販売が難しくなると思われます。

これらの指針により、今後各社の価格競争が進み通信費用などが抑えられることを期待します。

 

関連リンク:総務省