ソフトバンク系MVNOサービス「b-mobile S」と「U-mobile S」はAXGP非対応

ソフトバックの LTE と WCDMA をサポートしたエリアでデータ通信を行うことができるとして 3 月 22 日よりサービスの提供が開始された日本通信の MVNO サービス「b-mobile S」と U-NEXT の「U-mobile S」ですが、AXGP(TD-LTE B41)は対象外ということが各サポートセンターへの問い合わせにより判明しました。サービス開始後に一部で b-mobile S や U-mobile S による AXGP での通信が行えないとの噂が流れ、それぞれのサポートセンターに問い合わせを行ったところ、AXGP は対象外との回答を得ました。ソフトバンク系 MVNO の b-mobile S や U-mobile S が AXGP を対象としていない理由は、AXGP がソフトバンクグループ傘下の Wireless City Planning が保有する周波数で、ソフトバンクが保有する周波数ではないそうです。