電力自由化について

これまで電力は地域で決められた大手の電力会社(東京電力や関西電力など)が独占的に販売してきましたが、2016年4月に法律が改正され、どの電力事業者から電気を購入するか選ぶことができるようになりました。

「誰でも発電できるようになる」、「どの事業者からでも電力を購入できるようになる」、「既存の送電網を使ってどこへでも供給できるようなる」等、多くのことで自由になることから「電力の自由化」と呼ばれています。

契約先を選べるようになることで顧客獲得競争が始まり、発電コストを下げれば利潤が増やせることなどから市場原理が働くので、サービス品質の向上や料金の値下げなどが期待されています。

これからは世帯環境や使用状況にあわせて自分に最適な電力プランを選ぶ時代になりました。知って得するとはまさにこのことで、乗り換えるだけでお得になるサービスが数多くあります。