電力の自由化のメリット・デメリット

2016年から始まった「電力自由化」というキーワードはネットやニュースなどでよく耳にするようになってきました。それでは実際に、電力が自由化されてどうなるの?メリットだけじゃなくてデメリットもあるの?ということが気になる点ではないでしょうか。

(主に家庭向けに対してのメリット、デメリットをまとめていきます。)

電力自由化のメリット

購入先(事業者)を選べるようになる

これまで、東京電力や関西電力など、それぞれの地域において電力会社はひとつと決められていました。料金が高いから他の安い会社を探してそこから電気を購入したいと考えても、法律で決まっているのでできませんでしたが、電力自由化によって電力供給事業者を選ぶことができるようになりました。

料金面に力を入れているところがいい!環境にやさしいところがいい!や、単純にこの会社を応援したいな!というようにいろいろな視点から電力事業者を選ぶことができるようになります。

特に料金面以外では、再生可能エネルギー(FITと呼ばれます)を活用した事業者なども注目されています。

プランの選択肢が広がる

事業者を選べるようになり、さらにそれぞれの事業者が独自のプランを用意しています。

例えば、電力消費量が少ない部分は、据え置き料金。その代わり、300kWhを超える分は、既存の電力会社より安いといったものや、基本料金なしで使用量による変動がない一律料金のわかりやすい料金プランなどもあります。

また、環境に対して意識の高い方は、太陽光発電や風量発電などの再生可能エネルギーで発電した電力だけを使用している事業者や、再生可能エネルギーの比率の高いプランを選ぶようなこともできます。

料金が割引になる

多くの新規参入事業者では、電力の値引きに力を入れています。ただ乗り換えるだけで安くなるものや一定の消費量以上を割り引くものなどがあります。また、その事業者や提携しているプロバイダー、携帯電話、ガス、クレジットカードなどとの組み合わせることで割引となるプランもあります。

変わったところでは、ガソリン料金を値引いてくれるプランなどもあります。

電力自由化のデメリット

料金が上がってしまう

プランによっては、必ずしも安くなるわけではありません。例えば再生可能エネルギーを使用した電力は少し高かったり、自分の電力消費状況に適していないプランを選んでしまうと電気料金が上がってしまう場合があります。

また、ひとつの盲点がプランによっては契約期間が設定されていることです。携帯電話の2年契約のようなもので、途中解約すると手数料が発生。地域を越えて契約を継続できる場合もありますが、その事業者が電力を供給していない地域に引っ越してしまったりすると違約金によってこれまで得していた分を超えて損をしてしまうこともあります。

契約内容が複雑

これまでより安く電力を提供してくれるとはいえ、電力事業者も当然、利益を出していかなければなりません。そのため、電力消費量によって基本料金部分が変わったり、割引が適応されない部分もあるなどプランによってはかなり複雑な料金体系になっている場合があります。料金設定、セット割引の対象範囲、特約条項など、よく確認するようにしてください。

まとめ

メリットやデメリットはいくつかありますが、基本的に家庭(電力需要家)にとって恩恵の方が多いと言えます。料金面で関心のある方は、まず自分の電力消費量や消費時間がどうなっているを把握する必要があります。また料金面だけではなく環境に関心のある方も、まずはどのような事業者があるのか調べるところからスタートしてみてください。