最近よく聞く「スマートメーター」について

「電力自由化」で重要なキーワードのひとつが「スマートメーター」。従来の電力メーターはアナログ式でしたが、これがデジタル測定の方式となり、通信機能も搭載されています。スマートメーターでなにが変わるのか、疑問点などをまとめました。

自動検針が可能になる

スマートメーターが導入され、大き変わることのひとつが自動で検針できることです。接続された通信機能を使用して測定結果を電力会社に自動送信。これまで月に1度の周期で検針員が直接、電力メーターを見に来て測定していましたが、これがデジタルになることで不要となります。もちろん検針員の人件費削減にもなります。また電力のオンオフも遠隔からできるようになり、わざわざ現地に出向く必要がなくなります。

「電力の見える化」

検針員が測定する場合は何度も測定には来れませんが、デジタルでの自動測定になると30分に一度測定できるようになります。これまでは月間の使用量しかわかりませんでしたが、30分に1回というリアルタイムな電力消費量を計測するので、電力の使用量が手に取るようにわかるようになるので「電力の見える化」と呼ばれています。これはスマートハウスやHEMSと呼ばれるエネルギー管理のできる家にも必須の機能です。

データを活用できるようになる

電力消費量がリアルタイムにわかるようになることで、電力事業者、家庭のどちらにもメリットができます。家庭では電力を多く消費している時間帯や、エアコンをつけるとどのくらい使用量が増えるかなということがわかるので、現状の把握だけではなく節電意識の向上にもつながります。また電力事業者は、地域の需要を随時把握できるようになるので需要の予測に役立ち、地域や建物単位で供給を調整するということもできるようになります。

交換は無料

スマートメーターの設置は今あるアナログメーターを取って付け替えるので作業が必要ですが、工事は電力会社が無料でやってくれます。全世帯のメーターを順次交換している最中ですが、アナログメーターの使用期限(基本的に10年)が近づいているところからの交換。しかし電力会社を切り替える場合は優先的に実施してくれます。工事自体は30分程度で、立会いは必要な場合と不要な場合があります。また、電力会社を乗り換えてもスマートメーターはそのまま使えるので、取り替える必要はありません。

まとめ

電力自由化のエネルギー政策を進める上でスマートメーターは、必須の機器。政府は2020年までにすべての利用者のメーターをスマートメーターに取り替えることを目標としています。

スマートメーターによる家庭のメリットはやはり電力の見える化。来たるスマートハウス時代の第一歩といえるかもしれません。