おすすめ順ランキング

電力事業者をおすすめ順にランキング形式でご紹介します。

ソフトバンクでんき

「ソフトバンクでんき」は、携帯電話事業を提供するソフトバンクが販売する電力です。電気代がお得なプランだけではなく、スマホやプロバイダー、固定電話などのセットでお得になったりTポイントが貯まったりと、ソフトバンクグループの強みを生かしたサービス内容となっています。

東京電力とタッグを組んだ一般的なプランと、再生可能エネルギーを使用したソフトバンク100%子会社のSBパワーによるプランがあります。

電気料金の値下げがメインに考える方にだけではなく、環境を一番に考える方も検討しやすいプランが用意されています。

特にスマホやネットをまとめられる「おうち割」セットなどが用意されていて、同じ携帯電話事業のauと比較した場合、契約状況によっては料金面で大きなメリットが得られます。

auでんき

「auでんき」は携帯電話キャリアのauが展開する電気サービス。これまでグループ会社でマンションなどに電力を供給してきた実績を積んで家庭向けに参入します。

電気料金自体はこれまでの地域電力会社と同じで、料金自体の値引きはありません。

使用した電気料金の最大5%をau WALLETにキャッシュバックで還元するという仕組みをとっていることが特徴。
非常にシンプルでわかりやすいプランなのでauユーザーは検討する価値がありそうです。

au WALLETは全国のMasterCard加盟店で使えるプリペイドカード。auの携帯電話スマホだけではなく、auひかりなどプロバイダーサービスを使用している場合でも発行できますが、au電気のセット割には携帯電話契約で登録されたau IDが必要です。

また、スマホから簡単に電気料金を確認できる「auでんき」アプリも用意されています。

ENECT

「顔が見える電力会社」を掲げていて、電気の産地や発電方法等から自分が応援したい発電事業者を選べることがポイントです。

クリーンやエコといった視点を重視している方向け。料金プランに(経産省が定める)燃料調整費が含まれていないため、燃料価格が下がっている昨今では価格面でのメリットはほとんどありません。

たのしいでんき

各エリアの電気料金に比べ一律5%オフになることが特徴。従量料金が契約条件で変わらないため、多くの世帯にとって既存の電力会社より節約できるプランを提供しています。

運営会社は、旅行代理店のH.I.Sグループ。これまでもハウステンボスなどに電力を供給している実績もあり、全国にH.I.Sの店舗がある安心感もポイント。

プロバイダー等とセット割引などを考慮するのが面倒な方にもおススメ。デメリットは解除料金が高いことくらいではないでしょうか。

myでんき

エッソ、モービル、ゼネラルなどのガソリンスタンドを展開する東燃ゼネラル石油が展開する電力。20年以上にわたって事業者向けに電力を提供してきた実績があります。

月々の電気使用量が比較的多い世帯をターゲットにした料金プランになっていて、ガソリンに対する割引はありませんが、セット加入など難しいことを考えずに単純に電気料金を下げたい人にオススメ。

標準プラン、たっぷりプラン、まとめてプランなどわかりやすいプランを提供しています。