SIMフリー義務化とは?消費者へのメリットは?

 

2015年5月よりsimロックフリーが義務化され、スマートフォンは全てsimフリー端末になりました。

simロック解除義務化とは一体なんでしょう?

改正されたsimロック解除義務化ガイドラインの概要

「すべての端末についてSimロック解除に応じるものとする」とあります。
これは各キャリアであるdocomo、au、softbankその他の電気通信事業者が販売するスマートフォンや携帯電話のSimロックを解除することができるように決められています。
これにより、私たちは、購入したスマートフォンやその他の端末を他の事業者で契約した場合にも使えるようになり、スマートフォンを買い直す必要が無くなります。

ただし例外もあります。
「ただし、 simロック解除を行わないことが公正な競争頭利用者の利便の確保に大きな支障とならないと考えられるものについてはこの限りでない。」ともあります。
また「技術的にsimロック解除が困難な端末及び特定の事業者の通信方式、周波数のみに対応している端末想定しています。」ともあります。

つまりキャリアがロック解除が不要と判断したもの、またロック解除がキャリアでは不可能なスマートフォン等についてSimロック解除は行わなくても良いようです。

この場合に人気のスマートフォンである、iphoneはどうなるのかと思いますね。iphoneはSIMロックをApple社が管理しています。つまり各キャリア自身ではSIMロック解除が できない端末ということになるため、現時点でios端末のSIMロック解除は対応しない可能性が大きいです。

私たち消費者にとってはどう変化するの?

私たちの身近なアイテムスマートフォンに関する取り決めが変わるのですが、それがどんな影響を生むのでしょうか?

MNPしても端末を買い替えずに済む

まず、現在使用しているスマートフォンが他社や格安SIM会社で使用可能になるということ。現在契約しているキャリアの電波やプランに不満がある場合に容易に他のキャリア等に乗り換えができます。

格安simが使えるメリットは?

そしてメリットはというと、まずはもちろん利用料金が変わるということです。格安SIMのプランを使用することも可能になるので料金の安い会社へ変更する事ができるようになります。