ソフトバンク回線で使える格安SIM

キャリアと呼ばれる携帯電話会社はdocomo(ドコモ)、au、SoftBank(ソフトバンク)の3つあります。格安SIM(MVNO)はキャリアの回線を間借りしており、そのキャリアの回線に合ったスマートフォンか、もしくはSIMフリースマートフォンでないと今まで使用していたスマートフォンを使用することが出来ません。

現在格安SIM(MVNO)の大半がdocomo回線を利用しているため、au、SoftBank(ソフトバンク)ユーザーは格安SIMを利用しにくい状況です。ですが、SoftBank(ソフトバンク)回線を利用している格安SIM(MVNO)も非常に貴重ですがあります。そこが、Y!mobile(ワイモバイル)です。

格安SIM(MVNO)やキャリアの場合でも乗り換える際、スマートフォンを購入される場合断然SIMフリースマートフォンを購入されることをオススメします。SIMフリースマートフォンならどのキャリア、格安SIM(MVNO)にも乗り換えることが出来、乗り換えの際わざわざスマートフォンを購入する必要もありませんし、キャリア、格安SIM(MVNO)でスマートフォンを購入される場合、直接メーカーで購入するより割高になっていることが多くあるので今後スマートフォンを購入される際はSIMフリースマートフォンを購入しましょう。

Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)は、2015年1月にソフトバンクモバイルに吸収合併されたソフトバンク傘下のMNOです。MVNOとは違い、キャリアから回線を借りることなく自社の回線を用いて通信サービスを提供しています。他のMVNOにはない通話無料のサービスがあるので、音声通話の格安SIMを考えている人にはおすすめです。

公式サイト:Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile月額料金高速通信容量
スマホプランS3,218円1GB/月
スマホベーシックプランS5,918円1GB/月
スマホプランM4,298円3GB/月
スマホベーシックプランM6,998円3GB/月
スマホプランL6,458円7GB/月
スマホベーシックプランL9,158円7GB/月
データプランS2,138円1GB/月
データベーシックプランS4,298円1GB/月
データプランL3,991円7GB/月
データベーシックプランL6,151円7GB/月

スマホプランは24か月、データプランは割引の代わりに36か月が契約期間になるので注意が必要です。

U-mobile S

業界初、ソフトバンク回線での新サービス。SIMロック解除が可能となったiPhone 6s 以前の端末をお使いのソフトバンクユーザーの方には、これまでMVNOがありませんでした。「U-mobile S」 なら、ソフトバンクで昔使っていたiPhoneを使用することが出来ます。

最低利用期間はなく、登録事務手数料3,000円とSIM発行手数料384円がかかります。

公式サイト:U-mobile S

U-mobile S月額料金
データ専用
高速通信容量
1GB880円1GB/月
3GB1,580円3GB/月
7GB2,980円7GB/月
30GB4,980円30GB/月

短期間に大量のデータ通信を行うと、一時的に速度制限される場合があります。